DVの特徴/原因/心理

モラハラ・DVに走りやすい男性7つの特徴|心理と傾向を知って結婚前に見抜いてみよう!

モラハラ・DV

言葉や態度で精神的なダメージを与えるモラハラ(モラルハラスメント)や、肉体的・精神的にダメージを与えるDV(ドメスティックバイオレンス)の被害があとを絶ちません。

実際に私の周りにもDV夫・モラハラ夫に悩まされる女性が離婚に至ったケースもあります。

彼女たちは口を揃えて『結婚前にはわからなかった』と言いますが、本性を明かしていなくても特徴・傾向は婚前にあったと振り返るのです。

では、どうすれば結婚前にモラハラ夫を見抜くことができるのでしょうか?この記事では、モラハラ・DVに走りやすい男性の7つの特徴を紹介します。

特徴1.人の悪口や不満・不満をすぐに言う

恋人である彼氏から、職場や友人関係の悪口・不満を聞かされると「私のことを信頼してくれているんだなぁ」と感じることはありませんか?

たしかに人には言えない愚痴は、信頼関係があるからこそできるもの。しかし悪口・不平不満が多すぎる男性は要注意です。

悪口・不平不満は誰もが言いたくなるもの。けれどその『質』が相手の本性を表します。

  1. 人を見下している悪口
  2. 店員さん、通行人の悪口も平気で言う
  3. 悪口・不満の意図がわからない

こういう類の悪口・不平不満は、DVやモラハラ男によく見られる傾向です。

自分の思い通りにならないから、怒っているだけですからね。

特徴2.外面が良すぎる(二面性がある)

DV男・モラハラ男の多くは「そんなふうに見えない」んです。

きっと彼女であるあなたも、最初は彼氏のDV気質・モラハラ気質をまったく感じなかったでしょう。

普段は温厚なのに、地雷を踏むと爆発したり、第三者がいるときと2人だけのときの態度が変わったりと、DV・モラハラに走る男性は、二面性を持っているのです。

以下のような二面性を持っているなら、DV・モラハラに走りやすい『気質』を持っている危険性があります。

  1. 車の運転をすると、イライラしがち
  2. お酒を飲むと性格が変わる
  3. 嫌なことがあると、すぐ怒る
  4. キレたときとそうでないときの差が激しい
  5. 第三者が現れると平穏を取り戻す

実際にDV夫・モラハラ夫と結婚している女性も、この二面性(外面がいい)があるから、悪質性を家族にも理解してもらえず悩んでいるケースが多いです……。

特徴3.『彼女のことを思って』と厳しい発言をする

DV・モラハラ男は、パートナーに対して厳しい発言をしたあと「お前のことを思って言っている」「俺も好きでやっているわけじゃない」と言い訳をします。

けれど『あなたのこと』を思っているなら、あなたが傷つかない言葉を選んだり、あなたにわかってもらえるような言葉を選んだりしますよね。

特徴4.自分が悪いと思っていない(責任感がない)

何かトラブルが起きたとき、その責任を他人になしりつける傾向があります。

「お前のせいで仕事でミスをしてしまった」と、理解できない責任を押し付けてくることも……。また、喧嘩をしたときも謝ることができないですね。

過去に付き合っていたモラハラ彼氏(ほぼデートDV彼氏ですが)は、私に浮気がバレたとき「お前の気のせいだ!被害妄想だ!!」と散々言い訳をしていました(笑)

もちろん被害妄想ではありません。浮気相手から証言を得た上で話し合いを持ちかけたのにこの態度です。当時は別れたくなかったのですが……

今となれば、まじで別れて正解の一言につきますね。

特徴5.あなたの予定・都合を考えない

モラハラ・DV男は基本的に自分本位です。自己中心的なのに自分の希望を通すため、責任転嫁したりする生き物です。

あなたの彼氏はあなたの予定や都合を考えてくれますか?

「そういえばいつも彼氏の都合に合わせている……」と思うのならば、モラハラ・DV男の危険度が高いです。

また私の体験談となるのですが、基本的にモラハラ彼氏は私の都合を無視していましたね。

私はバイトなのに「今から来て、こないと〜」と脅したり、逆に約束をしている日は余裕ですっぽかしたり……。

彼氏と約束していない日も「今から来い」と言われるんじゃないか……と思い、友達とも予定を立てることができなかったんです。

特徴6.束縛が激しく、付き合いを制限する

「付き合っているから、男性の連絡先は消してほしい。男友達との交流もやめてほしい」これは、とくに10代・20代前半のカップルにはよくある話ですよね。

女性だって、できれば女友達の連絡先を消してほしいという気持ちがあります。

けれどモラハラ・DV男の場合、相手に異性の連絡先を削除させる癖に、自分は異性の連絡先を残したままだったり、男友達以外にも女友達との交流・仕事・プライベートにおいてまで制限をかけてきます。

ここでも「お前のことを思って言っている」と言うかもしれませんが、支配したいだけ。あなたのことを考えているなら、生活を制限しないはずですよね。

特徴7.貯金や収入を明かそうとしない

結婚を視野に入れて交際するとなると、お互いの貯金や収入をある程度把握しておきたいですよね。

いやらしい意味ではなく、夫婦として生活をしていこうと考えているなら『当たり前』のこと。

しかし、モラハラ男・DV男は自分が束縛をするくせに、相手に縛られることを極端に嫌います。収入や貯金額を尋ねると「お前は金目当てで俺と付き合っているのか!」とそもそもの話の目的を捻じ曲げてしまうのです。

モラハラ・DVをする男性の心理とは?

モラハラ・DVに走る男性は、自分を否定されたくない気持ちでいっぱいです。自分に自信があるような振る舞いをする反面、自分を愛することができないけれど『自分が特別な存在でなければいけない』と思い込んでいるのです。

この人格を『自己愛性人格障害』と言うのですが、モラハラ・DV加害者は自分の『素晴らしさ』を見せつけるために被害者を攻撃します。

そして2人を繋ぎ止めているのは、愛でも運命でもなく暴力とわがままです。モラハラ・DV男の自己満足を果たすため、あなたが傷つくって……すごく腹ただしいですよね。

好きな彼氏・彼女がモラハラだった!別れられない3つの心理と気持ちを判断する方法は? モラハラな恋人と付き合っていても、ダメとわかっているのに、好きという気持ちが残っていて別れられない時、どうすればいいのでしょうか...

まとめ

モラハラ・DV男は二面性をもっており外面がいいので、付き合う当初や結婚するまで、その本性を見抜けなかったというケースも珍しくはありません。

しかしその本性は、交際時から少しずつ顔を覗かせています。

今回紹介した特徴を参考に、あなたの彼氏がモラハラ・DV夫に変貌しないかチェックしてみましょう。

DVモラハラ
被害者がパートナーの『DV・モラハラ』に気が付けない3つの理由妻や夫。または恋人間の大きな問題となっているのが、ドメスティックバイオレンス(DV)やモラルハラスメント(モラルハラスメント)です。 ...