モラハラ被害者の体験談

私の成長を喜んでくれない『年上のモラハラ彼氏』の話

DVモラハラ

社会人1年目の22歳のとき、5歳年上の男性からモラハラを受けていました。

彼と付き合い始めたきっかけは、私が病んでいた……からです。
仕事やプライベート(とくに家族関係)でいろんな悩みを持っていた時期ということもあって、なんというか、彼は私にとって心のよりどころ的な存在だったのです。

しかし、私が精神的に安定してくると、彼の態度は激変しました。彼は私の成長を喜べないモラハラ男だったのです。

モラハラ彼氏のいうことが正しいと思っていた

DVモラハラ

精神的に不安定な時期だったので、私は悩みをすべて彼に相談していたのです。
彼のいうことはすべて正しいと思っていました。

彼の言うとおりにしていれば、物事はすべてうまくいくと思っていました。

実際に彼氏のアドバイス通りに過ごしていたら、仕事、プライベートともに非常に充実した日々が送れるようになったのです。

それまで悩んでいたことが一つずづ解決していき、なんというか……自分に対して自信が持てるようになっていました。

私がポジティブになると、モラハラな一面を見せる彼

しかし、それと並行して彼の態度も徐々に変わっていきました。

それまで、私は彼に対して何か提案をしたり、あとは文句を言ったり、批判をしたりするということは皆無でしたが、前述したとおり、充実した日々が送れるようになってから、私も彼に対していろいろと発言するようになったのです。

すると、そういった私のは発言が気に食わないのか……
「お前の考えは間違っている!」とか「お前にとやかく言われたくない!」とか、「何様のつもりだ!」とか、罵詈雑言を吐くようになったのです。

私としては、彼との関係性をより良いものにしたい、今の生活をもっといい方向にもっていきたい、その一心でいろんな提案をしたのですが。(実際にそこまで怒るような内容でもなかったし)

結局、彼氏からのモラハラで、また以前のように、ネガティブだったころの私に戻ってしまいました。
充実した日々は一瞬で幕を閉じたのでした。

【脱ダメンズ】モラハラ・DV男を引き寄せてしまう女性の特徴モラハラ発言をされたり「もしかしてデートDVかも……」と思ってしまう行動があったり・・・。付き合った彼氏のモラハラ・DVに悩む女性は多い...

恋人だからこそ、対等な関係を築かなければならない

あくまでも、恋人との関係性は台頭でなければなりません。

自分の言いたいことも言えないような相手は、恋人とは言えないんですよ。

まずはそこに気づくべきでした。そのためには、いろんなコミュニティを築いておかなければなりません。

家族、友人、会社の同僚、習い事の先生……。恋人との世界以外も広げておいたほうがいいですよね。いろんな価値観に接することで、自分というものをしっかりと持つことができます。

恋人との関係性はとても重要です。将来的には結婚も視野に入れた生活をしているわけですから、恋人との時間を優先順位の一番高いところに持ってくるのは理解できます。

しかし、以前の私のように、彼氏に依存しすぎていてはダメなんですよ。
そんな状態で、結婚などしても、その後に待ち受けるのは不幸な結果だけです。冒頭で述べたように、あくまでも対等の関係性を築かなければならないのです。

私も彼氏に依存していた部分もありましたが、彼は自分の言う通りにする『私』が好きだっただけなのだと思います。

今はもう別れてしまいましたが、やっぱり時たま思い出しますね……。

26歳女性・会社員