離婚・別れる・逃げる方法

シングルマザー(母子家庭)になったらキッズ携帯が必要?おすすめする理由とは

キッズ携帯シンママ

子どもが小学校に入学し、キッズ携帯の契約を考える方も多いのではないでしょうか。

とくにシングルマザーでお子さんを育てる家庭では、コストのかかる固定電話の契約せず、通信費をできるだけ抑える傾向にあります。

今までは、保育園や幼稚園で子どもの送り迎えをし、子どもがひとりで外を歩く機会が少なかった幼児も、小学校に上がればひとりで外を歩いて登下校をします。

そんな時に便利なのが、離れた職場からでも子どもの居場所や状況を確認できるキッズ携帯です。

今回の記事では、シングルマザー(母子家庭)だからこそ、子どもに持たせるべきキッズ携帯の魅力に迫っていきます!

シングルマザーが子どもにキッズ携帯を持たせるメリット

小学校に上がると、子どもの人間関係の幅はぐっと広がります。

また、好奇心が旺盛で友達との会話が楽しく、短い距離の登下校もついつい寄り道してしまったり、お友達とのおしゃべりに夢中になってしまうことも……。

パート勤務の場合で、シフトに融通がきけば、子どもの登下校時間に合わせて仕事を終わらせて子どもの様子を見守ることができますが、フルタイムで働くとなると子どもの生活スタイルに合わせて働くことは難しいですよね。

また、小学校の中に児童館が併設されていれば安心ですが、小学校から少し離れた児童館までを子どもひとりで歩かせなくてはならないケースも少なくありません。

もちろん、いつまでも親と一緒にいられるわけではないので、小学校に上がれば子どもの自立も必要になってきます。

「事故に遭ってしまわないか」
「不審者に狙われてしまわないか」

など、子を持つ親としては心配は尽きません。

そのため万が一の被害にあってしまう前に、未然に防止し、子どもの安全を守ることが大切です!

そこで有効なのが、子どもの状況を知るために役立つキッズ携帯を持たせること。

仕事も育児も大切なシングルマザーだからこそ、便利なキッズ携帯を持たせてお子さんの身を守ってあげてくださいね。

キッズ携帯のメリット1.位置情報を確認できる

キッズ携帯をおすすめする理由1つめは、GPS機能を使って位置の確認ができることです。

天候や周りの建物の影響はあるものの、最近ではGPSの性能も良くなり、大幅に居場所がずれることも少なくなりました。

あらかじめ、ご自身が使っている携帯キャリアとそろえる必要がありますが、親のスマートフォンと連携させ、定期的に位置情報を受け取ることができますよ。

学校を出た時や、児童館もしくは自宅に着いたときなど、あらかじめ設定した位置を通過したときにお知らせを受信する機能が搭載されているキッズ携帯もありますので、ご自身のキャリアから発売されているキッズ携帯の機能を確認しておきましょう。

キッズ携帯のメリット2.いつでも連絡が取れる

キッズ携帯をおすすめする理由2つめは、子どもからの連絡手段を与えてあげられることです。

スマートフォンの普及に伴い、固定回線を契約する家庭は年々減少しています。また、公衆電話を見かける機会も少なくなってきました。

しかし、子どもが困ったときや連絡を取りたいと思った時に、連絡手段がないと大変です。
そのようなケースに備えてキッズ携帯を持たせておけば、子どものSOSに気づくことができますよ。

ドコモauソフトバンクから発売されているキッズ携帯では、あらかじめ連絡帳に家族の電話番号の登録が必要です。

登録した電話番号以外には発信しないよう制限をかけることができるため、間違い電話をかけてしまう心配がなく、通話料も家族間であれば無料なので、通話料の心配もありません。

\月額1000円から使えるスマホ/

キッズ携帯のメリット3.防犯ブザー、SECOM登録も可能

キッズ携帯をおすすめする理由3つめは、万が一に備えて防犯の役割をはたしてくれることです。

残念ながら子どもを襲う不審者や、犯罪に巻き込まれる事件も後を絶ちません。
子どもにあらかじめ防犯を教えておくことは必要ですが、未熟な子どもにできることは限られています。

そこで、キッズ携帯を持たせておけば防犯ブザーの役割を担ってくれるだけでなく、防犯ブザーの警報と共に親のスマートフォンに通知届き、登録すればセコムに通報もしてくれますよ。

DVやモラハラが原因で離婚したなら、なるべく所持させよう!

保育園や幼稚園の時はずっとそばにいてあげられたけれど、小学校に上がったらひとりで歩かなければなりません。

DV夫と離婚して、筆者が一番心配だったことは「もし登下校中に勝手にDV夫が子供に近づいたらどうしよう」でした。

もちろん、できるだけ居住地を離し、家の付近で遭遇しないように暮らしているつもりですが、100%隠れて暮らすのは困難です。

もしかしたら道を歩いているところを見られているかもしれないですし、知人からの目撃情報を得てやってくる可能性だってあります。

そして、子どもの登下校を狙って子どもと接触し、そのまま連れ去られてしまう可能性も0ではないのです。

そのような最悪のケースに備えるためにも、子どもの位置が特定できるキッズ携帯を持たせておくと安心ですよ。

DV夫との離婚!子どもの保育園転園は必要?転居先を決めるタイミングも解説

キッズ携帯は月々500円から利用できる!

安全第一とはいえ、極力コストは抑えたいですよね。

ドコモ・au・ソフトバンクから発売されているキッズ携帯の料金プランは、基本料金500円程度とお財布にも優しい価格帯で提供されていました!

また、ご自身の契約中のキャリアでそろえれば家族間通話が無料になりますよ。
低価格で子どもの安全を守れるのはうれしいポイントです。

端末代金は量販店によって価格が異なる場合がありますので、お近くの量販店をのぞいてみてくださいね。

>>月額1000円 無料で何でもサポート はじめてにやさしいスマホ【TONE】

まとめ.シンママさんの不安を解消するキッズ携帯

ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアからは子ども向けケータイが発売されています。

しかし、格安SIMのキャリアでは取り扱いがなく、代わりに格安スマートフォンを契約するケースも増えています。

ご自身のキャリアや提供サービスに合わせて、お子さんに持たせるキッズ携帯のキャリアを決めることがポイントです。

お子さんの入学を機会に、ご自身の通信費を見直すことで節約にもつながります。

ぜひ、一度確認してみてください!

\はじめてのスマホデビューにおすすめ/