DV被害者の体験談

【体験談】DV彼氏の理不尽な暴力から、いち早く逃げてほしい。

DV被害者の体験談

23歳のころ、彼氏ができました。実はその彼氏がDV彼氏。

彼氏とはネットを介して出会ったのですが、付き合うまで気がつけなかったのです。

もしも今、あなたの彼氏がDV彼氏なら、トラウマに苦しめる前に逃げてほしい……。

その一心で私の体験談をお話しようと思います。

彼氏のDVが始まったきっかけは元彼の写真……

ネットで出会ったといえど、ごくごく普通のお付き合いをしていました。まさか相手がDV男だなんて予想もしていなかったのです。

付き合ってすぐの頃、彼氏の家へ遊びにいったとき、私の彼氏はDV彼氏と変貌しました。

きっかけは、私の携帯電話に昔の彼氏の写真が残っていたこと。

今振り返ってみると、私の許可なく、私の携帯を触り始めたのも腑に落ちないのですが……。

お前、これ、元彼の写真じゃないか!?元彼に未練でもあるのか!!

彼は激変しました。馬乗りになって、叩かれるまま叩かれました……。

力も強く、私は抵抗することすらできなかったのです。

相手の携帯電話にも昔の彼女の動画などが残っていたのに理不尽だなぁと、されるがままに叩かれていたのですが……。

すると、急に相手が吐き気を催して嘔吐し、謝ってきたのです。

でもその次の一瞬にはまた暴力的な態度に戻り、髪を引っ張ったり殴る蹴るの繰り返しでした。

一瞬、何が起きたのか理解できなかったのですが、彼自身、DVをしている自分を抑制できなかったのかなと、今になって思っています。

DV彼氏が怖くて、そのまま音信不通になりました

普段は優しい相手だったのに……。私は彼氏からDVを受けた日、「どうしてあんなに変貌したのだろう」と、考え込んでしまいました。

DV男は、二面性があると言われています。普段は優しいのに、カッとなると自分の気持ちをコントロールできないのでしょう。

結局、豹変するのが怖くて連絡を断ちました。

幸い住んでいるところが遠かったですし、お付き合いしてまだ日も浅かったので「これはやばい」と思えたのです。

DV男とはそれっきり。暴行を受けた相手が住んでいた県には一生近寄ることはないと思います……。

あれから6年経ちましたが、「もし彼にばったり会ってしまったらどうしよう……」そんな気持ちでトラウマが蘇ってきます。

彼氏がDV男だったら、とにかく逃げてほしい。

とにかく逃げてください。暴力は繰り返します。

「自分が我慢すればきっと大丈夫」「私が説得すればなんとかなる」などと思わないでください。

DV男の被害から逃れるためには、物理的に距離をおく、精神的にも距離を置くことが大事だと思います。

DVを相談できる機関もありますし、被害届けを出せば立派な犯罪です。しかし、自分の身は自分で守るしかありません。

警察に届け出る、家族にかくまってもらうなど、何かしら行動に出た方がいいと思います。

DV被害者は、自分を責めないでほしい

また、自分を責めないでください。

暴力を振るう人の中には、自分も暴力を振るわれた経験があるという人もいますが、実際に暴力行為に走るのは誰がなんと言おうと犯罪です。

感情に流されずに対処してください。

あまり相手を刺激せず、離れることができるといいと思います。DVのトラウマは一生自分についてくるので、早い段階で関係を断つのが一番です。

現在29歳女性、被害当時23歳